住宅の老朽化と不便さ

そもそもなぜリフォームが必要なのでしょうか。あなたがこれからリフォームを考えているとすれば、この問いには明確に答えられるようにしておく必要があります。 リフォームが必要な場面とは、住宅が老朽化した時、住環境が変わって今のままでは不便な時などです。前者の例としては、新築購入時から20年程度が経過した場合などです。あるいは中古住宅を購入して、あちらこちらにガタがきている時です。後者に関しては、キッチンを長年使ってみたけども、使い勝手がよくなく、料理が合理的にできない場合などです。 前者の場合は全面的にリフォームをする必要があります。後者に関してはその部分だけリフォームすることで大抵の問題は解決するはずです。

リフォームにはどれくらいのお金がかかるのでしょうか。これはリフォームをする場合の多くの人の関心ごとだと思います。まず、全面的に行う場合は、安い素材を使えば500万円程度ですることがかのうになります。ただ、間取りを変えたり水回りを変更したりすると1000万円を超えてしまう場合があります。 部分的にリフォームする場合には10万円から200万円ぐらいはかかります。例えば、トイレの便座だけを取り替える場合については10万円程度で完了します。お風呂やキッチンについては20万円から100万円程度のお金を用意しておいた方がいいでしょう。水回りの変更になるとさらに100万円必要になる場合がありますので注意が必要です。